調味料

ハンバーグヘルパーはまずい?美味しい?口コミやアレンジ方法も

料理を作るとき、めんどうくさいことって、いろいろありますよね!

・メニューを決めるのがおっくう

・いろいろな材料を揃えるのが面倒くさい

・レシピや手順を確認するのが大変

このような、料理の「めんどうくさい!」を全て解決したのがハンバーグヘルパー!

合いびき肉250gとハンバーグヘルパーだけで、あっという間にハンバーグの出来上がり!

そんなハンバーグヘルパー、まずい?美味しい?アレンジ方法は?

調べてみました!

ハンバーグヘルパーはまずい?美味しい?

この答は・・・ずばり!

賛否両論!です!

ハンバーグって、ただでさえ好みが分かれるメニューですね。

ハンバーグヘルパーを使ったハンバーグを「とても美味しい!」という方もいれば、「美味しくない」という方もいます。

これは、ひとえに、ハンバーグに何を求めているかによるものなのでしょう。

 

ハンバーグヘルパーの原材料は

パン粉、大豆たん白、乾燥玉ねぎ、砂糖、食塩、酵母エキス、全粉乳、オニオンパウダー、でんぷん、ホワイトペパー、ナツメグ、卵白粉、ガーリックパウダー、脱脂粉乳、香辛料抽出物、酸味料

つまり、パン粉と玉ねぎに調味料を加えたものなので、出来上がるハンバーグはいたってシンプル。

乾燥玉ねぎが入っているので、玉ねぎの旨味は感じられるのですが、生との違いはやはり食感。玉ねぎのシャキシャキ感が好きな方には不向きかもしれませんね。

また、卵も必要ないので、混ぜる工程なども簡単!そのぶん、卵特有の出来上がりのフワフワ感は少し薄れる感じはあります。

しかし、「シンプルなハンバーグが好き」「肉の食感重視!」という方にはおすすめですよ。

お弁当のハンバーグなどにも良いですね。

また、アレンジ次第で様々なバリエーションが広がります!

ハンバーグヘルパーの口コミは?

ハンバーグヘルパーの口コミを集めてみました!

まずは良い口コミからご紹介しますね!

良い口コミ

  • ハンバーグヘルパーを水に浸してからひき肉を混ぜてこねて焼くだけで、ふわふわジューシーなハンバーグが出来ました。
  • こんなに楽でおいしく出来るなら、今後はハンバーグはこれで作ろう!と思いました。
  • 普通の作り方だと、ひき肉をしっかりこねないと失敗してしまうのに、ハンバーグヘルパーを使うとこねる工程なしで上手に出来る!
  • 玉ねぎのみじん切り→じっくり炒める→冷ます この工程が嫌いすぎて、ハンバーグヘルパーに頼っています!
  • 玉ねぎのみじん切りから解放された!!
  • ひき肉の分量を適当に作ったら失敗した・・・。それ以外は失敗なし(笑)。
  • 子どもがまだ小さいので、一緒に作るのに便利です。焼く以外は全て子供でも出来ちゃうので、嬉しいみたい。
  • 仕事から帰ってすぐに夕飯を作らなきゃいけない時の救世主。なんにも考えずに作れるし、すぐ出来上がるから助かってます。
  • 子どもが好きな味。ハンバーグに手間がかからない分、副菜まで作れるから、かえって栄養バランスが良い気がする。

ライフスタイルに合わせて活用している方が多いようですね。

悪い口コミ

  • ハンバーグには、やっぱり玉ねぎがしっかり入っていて欲しい。
  • シンプルすぎて、ハンバーグって気がしない。
  • 確かに楽ちん。でも、変な弾力があって硬くも感じる。
  • 味にクセがある気がする。
  • 硬くはないけど、ふんわり感もないかな。

 

やはり、合わない方もいるようですね。

ハンバーグヘルパーのアレンジ方法

簡単シンプルなハンバーグヘルパー。シンプルな分、アレンジもしやすいのです。

まずは、ワンランクアップのアレンジレシピを見ていきましょう。

基本に忠実に!ハンバーグヘルパーをていねいに

  • ボウルにハンバーグヘルパーと牛乳120mlを入れて混ぜて、2分以上置いてしっかりふやかす。(パッケージでは「1分置く」)
  • 合いびき肉250gを加えて、粘りが出るまでしっかりこねる。(パッケージでは「スプーンで混ぜてもOK」)
  • タネを4つに分け、空気を抜きつつ小判型に成形したら、真ん中をくぼませる。
  • サラダ油大さじ1を入れたフライパンを熱し、中火で焼き色がつくまで両面焼く。
  • 20~30mlの水を加えて蓋をし、弱火で10分蒸し焼きにする。(パッケージでは水は加えない)
  • 蓋を取って、水分が蒸発したらできあがり。

基本的にはパッケージ通り。でも、お肉を良くこねたり、少し蒸し焼きにするなどの工程を加えると、格段に美味しくなるようですね。

 

次に、ワンポイントアレンジをみていきます!

  • 市販の炒めたまねぎのペーストをプラスする。
  • スパイスをプラスする。クミン・クミンシード・ナツメグ・オールスパイス・セージ・粗挽き胡椒など。
  • 成形する時に、チーズを入れる。中央に入れるなら、とろけるタイプがオススメ。角切りチーズを全体に混ぜても。
  • ハンバーグを焼き終えたあとのフライパンに、ケチャップととんかつソースを同量、砂糖を隠し味に入れて、火にかけフツフツしたらハンバーグソースの出来上がり!
  • 大根おろしと、シソの千切りを上に載せて、出汁醤油またはポン酢でいただきます。簡単に和風に。
  • ハンバーグを焼く横で、冷凍のベジタブルミックスをバターで炒める。付け合わせが同時に出来ます。

ひと手間加えるだけで、様々なアレンジが出来るのですね!

 

最後に、ハンバーグヘルパーで作ったハンバーグの組み合わせレシピ。

簡単にハンバーグが出来上がるから実現したメニューですね!

  • ロコモコ丼 : ハンバーグヘルパーで作ったハンバーグをご飯の上に乗せ、レタスとプチトマト、目玉焼きを乗せる。

フライパンにケチャップととんかつソースを同量入れてひと煮立ちさせたら、ハンバーグの上にかけて完成!

  • ハンバーグカレー : ご飯にハンバーグヘルパーで作ったハンバーグを乗せ、上からレトルトカレーをかける。とろけるチーズを乗せて、チーズが溶けるまでトースターで焼いて完成!
  • ミートボールスパゲッティ : ハンバーグヘルパーで小さめのハンバーグを作る。パスタを茹でて、ハンバーグを乗せたら市販のミートソースをかけて完成!(トマトソースでも!)
  • ハンバーグシチュー : ハンバーグヘルパーで小さめのハンバーグを作り、シチューのお肉代わりに。ホワイトシチューでもブラウンシチューでも合います。市販のシチューにトッピングしても。
  • ピーマンの肉詰め :
  • ハンバーグヘルパーでハンバーグのタネを作る。
  • ピーマンを縦に2つ割りにし、ヘタと種を取り、内側に小麦粉を振る。
  • ハンバーグのタネをピーマンにぎゅっと詰める。
  • 多めの油で、肉側から焼く。焼き色がついたら裏返して蓋をし、火が通るまで弱火で6~7分焼く。
  • ケチャップ、とんかつソース、水を同量入れ、コンソメ少々、砂糖少々を加えて煮詰めたら出来上がり。
  • ロールキャベツ :
  •  ハンバーグヘルパーでハンバーグのタネを作り、やや小さめに丸める。
  • レンジでチンして柔らかくしたキャベツの葉で、ハンバーグのタネを包み、巻き終わりを爪楊枝で止める。
  • 鍋に巻き終わりを下にするようにして並べ、トマト缶1缶、水300㏄、コンソメ2個、酒大さじ3、塩こしょう少々を入れて火にかける。
  • 中弱火にして20分煮込み、塩こしょうで味を整えたら完成。   ※コンソメスープで煮ても美味しいですよ。

まとめ

ハンバーグヘルパーは、簡単お手軽にハンバーグができちゃうスグレモノです!

お子さんと一緒に、忙しい時に、いろいろなシーンで、便利にお使いいただけます。

アレンジ次第で、様々な料理に応用可能ですので、是非お試しくださいね。