お取り寄せグルメ

黒瀬のスパイスの販売店、売ってる場所は?カルディ、イオンにはある?

何でも美味しくなるとウワサの魔法の調味料『黒瀬のスパイス』。

キャンパーの間でも『ウマイ!』と広がり、雑誌やテレビなどのメディアでも取り上げられることが多いので、気になって早速お取り寄せしてみました♪

どこに行っているのか地域別の販売店や、実際に食べてみた口コミや使い方等をご紹介しますね。

黒瀬のスパイスの販売店は?売ってる場所は?

黒瀬のスパイスが売っている場所は…

・イオン

・カルディ

・成城石井

・北野エース

で目撃されたという情報がありました。

穴場としては、キャンパーたちから需要があるという事でアウトドアショップに売っていたという声も。

そこは盲点でした!

ただ、どこの店舗でも購入できるというわけではなく、在庫があるのはかなり稀との事…。

何店舗も廻っても出会えなかったという声も多かったです。

黒瀬のスパイスの定価は?

黒瀬のスパイスの公式サイトによると、定価は…

黒瀬のスパイス(瓶) 1本 550円(110g)

黒瀬のスパイス(袋) 1袋 1,500円(500g)

黒瀬のスパイス(袋) 1袋 900円(250g)

このようになっています。

販売店舗によって多少お値段に差はあると思いますが、お近くの店舗を回っても購入できず通販で購入する場合は、黒瀬のスパイス1本売りで送料込みの価格では、Amazonが記事作成時点では一番価格が安かったです。

これならばわざわざ店舗に足を運ぶ必要はないのかな?と思います。

黒瀬のスパイスの味や使い方は?

黒瀬のスパイスはどんな味なのか?

他のスパイスとどう違うのか、というのも気になりますよね^^

黒瀬のスパイスは、福岡県北九州市にある1950年創業の鶏肉専門店かしわ屋くろせが販売しているスパイス。

お肉屋さんがお肉に合うように改良を重ねに重ねて作り上げたスパイスですから、美味しくないはずがないですよね^^

原材料

食塩、胡椒、醤油、レッドベルペッパー、フライドガーリック、ガーリック、パプリカ、コリアンダー、グリーンベルペッパー、パセリ、オニオン粉末、唐辛子、マジョラム、オレガノ、バジル

原材料は胡椒が食塩の次に来ているだけあって、胡椒の風味が強め。

胡椒のスパイシーさが好きな方にピッタリだなと言う感じ。

牛・豚・鶏・魚となんにでも合いますが、やはり鶏肉専門店が作ったというのもあって、個人的には皮目をパリッと焼いた鶏肉との相性が抜群に良いと思います。

カリカリに焼いた豚肉にも黒瀬のスパイスはよく合いますよ^^

黒瀬のスパイスの地域別販売店

黒瀬のスパイスの地域別販売店 名古屋(愛知県)は?

続いて、地域別で黒瀬のスパイスを取り扱っている店舗をご紹介します。

まずは手羽先で有名なスパイス大好き愛知県から。

売っている店名は分かりませんでしたが、名古屋でも手に入るようですね。

北野エースやイオンでの目撃情報が多いので、お目にかかれる可能性が高いですよ!

黒瀬のスパイスの地域別販売店 神奈川は?

神奈川県での目撃情報です。

神奈川県では『こととや』で売っていたという情報が。

こととやは全国の名産品が集まっているセレクトショップです。

黒瀬のスパイスの地域別販売店 札幌は?

札幌の販売店をリサーチしてみましたが、札幌では残念ながら目撃情報が見つかりませんでした。

ただ、他県では目撃情報の多いイオンも札幌にはありますので、足を運んでみる価値はありそうです!

私は他にも有名なスパイス、マキシマム、ほりにしとセットになっているものをネットで購入しました。

人気スパイスの食べ比べをしてみるのも楽しいですよ^^

マキシマム 調味料の販売店はどこに売ってる?カルディやスーパーは?アウトドア調味料として人気のマキシマムを購入してみました。 メディアで取り上げられることも多く、どこに売っているのか、どんな味なの...