飲み物

スーパードライ生ジョッキ缶の仕組みは?再利用、コーラを入れたらどうなる?

缶を開けると中からビールの泡が自然と出てきて、生ジョッキで飲んでいるような感覚でビールが楽しめる『スーパードライ生ジョッキ缶』。

販売開始するとあっという間に売り切れてしまうくらいの人気商品なのですが、この缶の仕組みってどうなっているのか気になりませんか?

そこで、今回はスーパードライ生ジョッキ缶の仕組みについて探って行きましょう(`・ω・´)

スーパードライ生ジョッキ缶の仕組みはどうなってるの?

スーパードライ生ジョッキ缶、開けた時にどうなるのかまずは公式動画で見てみましょう♪

缶のふたの部分が完全に開く仕組みになっているんですね。

開けると泡が出て、まるでジョッキで生ビールを飲んでいるかのような感覚が楽しめます!

よりおいしく飲むためには…

・冷蔵庫で冷やして飲む(12度以上だと吹きこぼれることがある。)

・飲み頃温度は4~8度

・泡をもっと出したかったら手で缶を温める

・泡を抑えて飲みたかったら4度以下に冷やす

公式がオススメする方法を試してみてくださいね^^

ところでこれ、どういう仕組みになっているのでしょう?

普通の缶ですと開け口で手を切ってしまう恐れがあるので、指を突っ込むと危険!と言われて育ってきたはずですが(笑)

この生ジョッキ缶は開けた缶のふちで皮膚などが切れないように加工されているので安心して生ジョッキ缶のままビールをグビグビ飲むことができます。

これがめちゃくちゃ美味しくて大人気なんですよね。

キンキンに冷えたジョッキでビールを飲んでいるかのような爽快感!

でも、中身は普通のアサヒスーパードライなんですよ。

この泡立ちの秘密ですが、生ジョッキ缶の内面に特殊な加工がしてあるためなんです。

生ジョッキ缶の内面にデコボコになる特殊塗料がコーティングされていて、この特殊塗料のコーティングによって、缶を開けたときにビールの泡が自然と出てくるという仕組み。

見た目は普通の缶なんですが、触ってみると少しふつうの缶よりもサラサラしています。

開発した人はスゴイですよね~!

しかも、生ジョッキ缶にビールが入っている限り泡が出続けるので、飲み終わるまで泡が出ている状態で楽しみことが出来ます。

もっと泡を出したかったら、公式動画のように手で温めましょう!

スーパードライ生ジョッキ缶は再利用できる?

ちなみにですがこの生ジョッキ缶、飲み終わった缶にビールを注ぐと、同じように泡が出てきます。

違うビールを入れても同じように泡は出るそうです。

じゃあ、炭酸のジュースを使ったらどうなるの?というのもちょっと気になりますよね。

炭酸のジュースを生ジョッキ缶に入れると、残念ながら最初少し泡立って、泡はすぐに消えてしまいます。

炭酸の少し抜けたジュースになってしまうので、ジュースはあまりおすすめできません(;^_^A

スーパードライ生ジョッキ缶の口コミ

実際に生ジョッキ缶を買ってレビュー…と行きたかったのですが、残念ながら今現在品薄で購入できなかったので、SNSの口コミを見てみました。

おつまみの枝豆、最高ですね♪

手で温めて泡を出しながら飲みたいですね♪

外でお酒はしばらく飲めないので、おうち時間を楽しみたいですね♪

温度管理がちょっと難しく、泡が出すぎてしまったという声も多く聞かれました。

焦らずしっかり冷蔵庫で冷やした方が良いですね!

ぜひ公式の美味しい飲み方を参考にしてください♪

スーパードライ生ジョッキ缶の仕組み│まとめ

生ジョッキ缶、一体どういう仕組みになってるの?という疑問、すっきりしましたでしょうか♪

1回こっきりで終わりというわけでなく、衛生面に気を付ければ再利用もできるというのにも驚きでしたね!

こちらの記事に再販情報をまとめてありますので、ぜひ買い逃すことに無いようにしてくださいねー^^

スーパードライ 生ジョッキ缶 再販はいつ?ドンキやコンビニに売ってる?2021年4月6日に販売開始されたアサヒスーパードライ生ジョッキ缶! パッと見は普通の缶ビールなんですが、生ジョッキ缶を開けると中...