飲み物

ヤクルト1000の効果で悪夢(怖い夢)を見る理由は?

ヤクルト1000で悪夢

今めちゃくちゃ人気の「ヤクルト1000」。

なかなか売っているのに出会えない幻の商品になっていますが…

『ヤクルト1000を飲んでから寝ると怖い夢を見る!』

なんていう声が聞かれます。

それも、1人2人じゃなく複数上がっているんですよね。

これはどういう事なのでしょうか?

結論から言うと、明確な理由というのは分かっていません。

ただ、以下のような可能性は考えられます。

・そもそも悪夢を見るのは、きちんと眠りについているということなので、ヤクルト1000を飲んでしっかりとした眠りについたため、レム睡眠時に悪夢を見る。

・見た夢を全て覚えているという人は少なく、悪夢の方が記憶に残りやすいので悪夢を見たという印象が強まる。

・ヤクルト1000の効果で朝スッキリ目が覚めるため、見た悪夢を起床時に覚えていやすくなる。

実際にどんな悪夢を見た人がいるのかも見ていきましょう!

▼売り切れ続出のヤクルト1000 ネット通販なら手に入ります!

ヤクルト1000の効果で悪夢(怖い夢)を見る理由は?

ヤクルト1000を飲むと悪夢を見ると言うことに関して、ヤクルト公式からの回答もありました。

こちらは、ヤクルト1000を飲んで悪夢を見ることについて、ヤクルト公式のインタビューがYahoo!ニュースに掲載されていた時のものです。

「悪夢を見るようになった」という声もよく見かけるのですが、認識していますか?
ヤクルト:SNSでそのような声があることは認識しています。

実際にそのような効能(悪夢を見る)はあるのでしょうか。何か理由について心当たりなどは……?
ヤクルト:当商品(「Yakult1000」「Y1000」ともに)は、一時的な精神的ストレスがかかる状況での「ストレスの緩和」「睡眠の質向上」といった機能を有した機能性表示食品です。夢についての試験は実施しておりませんので、当社としては回答することができません。

Yahooニュース

『夢についての試験は実施しておりませんので、当社としては回答することができません。』

というのが、ヤクルト公式からの回答でした。

ヤクルト1000を飲むと、悪夢を見るハッキリとした原因はまだ解明されていないんですね。

悪夢を見る原因とは?

でも、SNS上では悪夢を見たと言う声が多数上がっているのは事実。

まず、悪夢を見ると言うのはどういった時に起きやすいのでしょうか?

悪夢を見る主な原因は、日中に感じるストレスだと言われています。

「人間の脳は寝てる間に、心配事を解消しようとします。そのため日中に受けたストレスが、夜に悪夢として投影されることもあります」

https://siliconpsych.com/

と、睡眠のエキスパートで精神科医のアレックス・ディミトリュ先生が提言しています。

夢で見ている内容というのは、実際に体験したことの記憶を引っ張り出したりまとめたりしたもので、日常のストレスが多い人は、それが夢となって多く出てくる可能性が高いです。

夢を見るのはレム睡眠の時

睡眠には、ノンレム睡眠とレム睡眠の2種類があるというのは聞いた事がある人も多いかもしれません。

レム睡眠の時は『体は休んでいるけど、脳は働いている状態』です。

なので、このレム睡眠の時に夢を見ていると言えるでしょう。

悪夢の方が記憶に残りやすい

寝ていた時には、だいたい3個〜5個の夢を見ていると言われています。

『え!そんなに私は見ていない!』

という方も多いと思いますが、夢は忘れやすいようにできています。

レム睡眠の時に見た夢は、その後に来るノンレム睡眠という深い眠りによって忘れてしまうからです。

起きる直前がレム睡眠だった場合は、そのとき見ていた夢を覚えていることがあるので、見た夢を覚えている場合は、この起きる直前に見た夢のことです。

また、怖い夢、悪夢の方が記憶に残りやすいと言われています。

嫌な夢、衝撃的な夢を見て夜中に目が覚めてしまったという経験があると思うのですが、レム睡眠の最後の夢を見た直後に目が覚めているので、夢の内容をはっきりと覚えているというわけです。

起きている時の記憶でも、幸せだった記憶よりも辛かった、苦しかった、嫌な記憶の方が鮮明に残りませんか?

悪夢は一概に悪いというわけでもなくて、処理しきれなかった記憶を整理する役割や、記憶を取捨選択する役割があると言われています。

ネガティブな情報を適切に処理するために悪夢を見るという説もあるので、悪夢は悪夢で役に立っている可能性もあります。

 

ヤクルト1000を飲むと悪夢を見るということは、原因はハッキリ解明されていませんが、上記の悪夢を見る原因から考えると…

・そもそも悪夢を見るのは、きちんと眠りについているということなので、ヤクルト1000を飲んでしっかりとした眠りについたため、レム睡眠時に悪夢を見る。

・見た夢を全て覚えているという人は少なく、悪夢の方が記憶に残りやすいので悪夢を見たという印象が強まる。

・ヤクルト1000の効果で朝スッキリ目が覚めるため、見た悪夢を起床時に覚えていやすくなる。

ということなのかな?という予測ができます。

ヤクルト1000を飲んで悪夢を見た人の口コミ

実際、ヤクルト1000を飲んでどんな怖い夢を見た人がいるのかもご紹介します!

SNS上では『本当に悪夢を見た』という声がたくさん出てきました。

ただ、特に普段と変わらないという声もありました。

当然ですが、個人差はあるようですね。

ヤクルト1000の効果

ヤクルト1000には1ミリリットルあたり10億個の乳酸菌シロタ株が含まれていて、これはヤクルト史上最高密度なんだそうです。

期待できる効果としては、一時的な精神的ストレスがかかる状況での「ストレス緩和」と「睡眠の質向上」の機能があるといいます。

特に「睡眠の質向上」に関してはネット上での声は多数上がっています。

この効果がありすぎるがゆえに、睡眠の質が上がって悪夢を見てしまうということなのでしょうね。

ヤクルト1000の効果で悪夢(怖い夢)を見る理由は?|まとめ

ヤクルト1000を飲むと悪夢を見る、というのは睡眠の質が良くなることになる影響という事ができそうです。

怖いもの見たさで飲んでみたい…!という方も多いかもしれませんが、残念ながら今は売り切れ続出。。

筆者もコンビニで注意して探してはいますが、なかなか巡り会えません。

大手通販サイトでもお取り扱いはあります。

ヤクルト1000はコンビニやイオン等のスーパーに売ってる?「ヤクルト1000」と言えば、ヤクルト史上最高密度の「乳酸菌シロタ株」を含んでいる製品として注目されています。 「ヤクルト1000...